ユーザートラブルを未然に防ぐ

日本で唯一の本人確認API、身元確認業務をオンライン経由で業務代行する、API型本人確認サービス

 

TRUST DOCK

ユーザーの本人確認でこんな課題を持っていませんか?

TRUST DOCKは本人確認にかかわる課題を解決します

TRUST DOCKはシェアリングサービスに必要な本人確認を
24時間365日ワンストップで提供します。
自社で仕組み構築やデータの管理をするのとは違い、
低コストで確実な本人確認の仕組みを提供します。

日本で取り扱われる多くの身分証に対応

自動車運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど、日本で利用できる身分証をほぼ網羅しています。
身分証ごとに記述されている形式が違い、それぞれに対応が必要です。煩雑な確認作業をすべて提供します。

365日24時間、有人による目視確認で高精度

365日24時間の有人での目視確認による高精度な本人確認を行います。確認体制を維持するにはとてもコストがかかり、
サービスリリース当初は、専任の担当者をおくことも難しい、という課題を解決します。

JavaScriptヘルパーで既存サイトに低コストで導入

本サービスはAPIにてサービスを提供しますが、開発のコストを抑えるためにJavaScriptのヘルパーも併せて提供します。
JSヘルパーを利用することにより、簡単に利用を始めることができます。このヘルパーはモバイルにも対応しています。

サイトデータマッチング

オプションでシェアリングサービス内のユーザー登録データと、アップロードされた身分証データのマッチングを提供します。
サービスに登録されたデータと身分証データをマッチングすることにより、サービスのデータの整合性を容易に保つことができます。

シェアリングサービスの導入事例

空間のシェア

空間をシェアするサービスでは、空間を提供するホストが、利用者に対して安全なホストであることを証明することにより、利用者が安心して空間を利用できるようになったり、利用者の増加を促す事ができるようになります。

ライドシェア

ライドシェアなど、長時間ユーザー同士が一緒にいるサービスでは、ユーザー同士の信頼関係が重要です。ユーザーが信頼できる人物か事前に把握することで、サービス内のトラブル発生の抑止力となり、満足度の向上を図ることができます。

TRUST DOCKで実施する確認項目

  • 不鮮明な身分証ではないかチェック
  • 身分証に不正がないかチェック
  • 身分証の有効期限のチェック
  • サイトの申請データとの一致をチェック

これまでの身分証確認サービスとの違い

シェアリングエコノミー協会のコメント

シェアリングサービスを健全に運営するにあたって、取引前に利用者同士の信頼感を高めるため、また詐欺などのトラブルの防止のために、取引相手の実在性の確認が必要です。その中で、身分証を用いた本人確認は有効な方法のひとつだと捉えています。このサービスでは、シェアリングサービスに特化した形で本人確認を行うことができると期待しています。

お問い合わせ


・健全なシェアリングサービスの運用方法について相談したい
・本人確認の詳しい内容を知りたい
・ディベロッパーの登録を行いたい
・取材をおこないたい

上記のようなお問い合わせにつきましては、ガイアックスコーポレートサイトのお問い合わせページからご連絡いただけますようお願いいたします。